So-net無料ブログ作成

松浪氏、参院選出馬を検討「(バッジがないと)活動しづらい」(産経新聞)

【松浪健四郎が語る】(1)

 昨夏衆院選に落選した自民党前衆院議員の中から夏の参院選へのくら替えを目指す動きがある。かつては大学教授やタレント活動で知られていた松浪健四郎前衆院議員(63)もその1人だ。くら替えを検討する理由と、国会議員の魅力を聞いた。さらには、ライフワークとしているアフガニスタン問題や、国政進出のきっかけが鳩山由紀夫首相だったこと、「元側近」から見た民主党の小沢一郎幹事長についても語ってもらった。

  ■自民の苦悩…参院は衆院の“落ち穂拾い”なのか?

 ――参院選に出馬するのか

 「まだ公認申請もしていないし、出馬表明もしていないが、意思は固まっている。出ようと思っています。自分で全国を動いて、可能性があるのかないのか探っているところだ。やるからには当選しないといけないから…。全国的に支持者が広がるのかどうか、というようなところもあるので」

 ――なぜ参院にくら替えするのか

 「まず、第一は、衆院の解散がしばらくないだろうということだ。それと、自分のいろんな面から見て、選挙区は広い方が戦いやすいということを痛感したからだ」

 ――次の衆院選まで待てないと

 「もちろん、(バッジがないと)活動はしづらい。それと、60歳を過ぎているから、勝負のしどきを間違えるといけないのだ」

 ――比例代表のように選挙区は広い方が戦いやすいというのは

 「今の衆院での小選挙区制度は、自分に向かない一面がありますね」

 ――向かないと…

 「やはり、衆院だと選挙区に張り付いて、選挙区の有権者との交流を密にしないといけない。冠婚葬祭に熱心でないといけない。そうすると、政治家としてやるべきいろんな仕事ができなくなる。だから、暇な人で地元にへばりついている人、こういう人が結局勝つわけですよ。だから、そういうシステムに私自身は対応できないなあと、十数年の経験から感じるようになったわけですね」

 ――自民党からは衆院大阪第19選挙区支部長に引き続き選任されたわけだが、参院選に出となれば支部長を返上すると

 「基本的にはそうなるわけだ。ただ、小選挙区の地盤で票を取ることが大きなインパクトがあるので、とりあえず支部長として一生懸命活動して、票をちゃんと掘り起こしていかないといけないと思っている」

 ――大阪だけでなく、全国からも票を集めていくと

 「それで、回っているわけです」

 ――どれくらいか

 「沖縄から山形、宮城、埼玉、静岡、香川、高知、和歌山、京都、愛知等々だ。全国に友達がいるから、その友達を頼ったり、友達が世話を焼いてくれたり…」

 ――「友達」というと

 「やはり、大学から始めたレスリングの仲間が多い。日体大の同窓が多いのということがありがたいね」

 ――どれくらいの票を取れるとみているのか

 「雲をつかむような話なのでよくは分からないが、手応えは感じている。(大阪19区でない)全国の支持者たちは今まで僕の選挙にタッチできなかった。今度はタッチできる面で大きな可能性を肌で感じている」

 ――同じように参院比例代表へのくら替えを考えている山崎拓元自民党副総裁は、公認を早く出すよう求めている。逆に公認を急がない理由は

 「選挙は7月だから…。焦りはないのだ」

 ――ところで、衆院選に落選した原因は

 「そりゃあ、力不足ですよ、候補者としての。相手のこまめさに負けたなと思っているけどね。週末だけ地元入りするようなことではダメなんだ。相手は(衆院)本会議のとき以外はずっと地元にいて、本会議だって途中でいなくなったんだ。とにかく僕よりもこまめで熱心な候補者だったから」

 ――自民党に逆風だったといわれた。現在も自民党の支持率がなかなか上がらない

 「自民党に魅力がないからでしょう。まず、国民が期待する政策、それから安全保障に対してもっともっとですね、街に出るなりして国民に訴える必要があるんですよ。鳩山政権が日米同盟をないがしろにするような形で進んでいるのに自民党は黙認しているのか、というようにみられている。ただ、今までの傾向をみると、選挙が近づくと野党の支持率は上がるんですよ。だから、自民党もそんなに焦ることはないですね」

 ――自民党内に党名変更を言う声もあるが

 「それは浅はかだ。それと、今まで平和が続いてきた、そして豊かになった、自由で民主主義が定着した誇りを自民党が持たないといけないのに、そのことで近視眼的になって、ここ数年のことしか言わないというのは、やはり先人に対して失礼だと思うね」

 ――執行部への不満も出ている

 「現職国会議員が選んだ総裁なので、われわれ外野にいる者がとやかく言うことはない。まあ、与党のパフォーマンスがなかなか秀でているので、相当のパフォーマンスが野党にも求められるのかなというふうに感じるけどね」

【関連記事】
ブログ市長にモノ申す! 総理母からの“子ども手当”も…参院選は「自、民の負け比べ選挙」
鶴保議員が参院選正式出馬表明 「自民の自信取り戻す戦い」
“小泉チルドレン”小野次郎氏が離党表明
小沢氏が自民牙城に猛攻 渦中でも選挙大事?
自民の参院選 山崎、保岡両氏は公認見送りへ

たかこのブログ
キラ王国
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化

野口さん、宇宙で書き初め=羽根突き、除夜の鐘も(時事通信)

 きぼうの中で和の心を忘れずに−。宇宙航空研究開発機構は5日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一さん(44)が、日本実験棟「きぼう」内で、書き初めや羽根突きなど日本の伝統的な新年行事に挑戦した映像を公開した。
 黒い羽織のような着物姿の野口さんは、まず羽子板を両手に持ち、「1人羽根突き」に挑戦。羽根はふわりと浮かびながら羽子板の間を往復し、野口さんも「けっこうきれいに飛んでいますね。ちゃんと打ち返せます」と笑顔を見せた。
 次は筆ペンを手に書き初め。「日本人の心ですね」と言いながら1枚目は「和」の字を書き、続いて「きぼう」「夢」を書き上げると、「きぼうの中で和の心を忘れずに、夢を追いたいと思います」と語った。
 野口さんはISSに備え付けてある鐘を使って、除夜の鐘も再現。普段は、米スペースシャトルなど宇宙船の到着を告げる鐘だが、野口さんは1度だけたたき、「輝かしい2010年をお祝いしたい」と合掌した。 

2010年誰の年
肋骨先生
ショッピング枠現金化
アフィリエイト ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化

運転代行従業員、実は市職員=交通死亡事故で逮捕の男−群馬県警(時事通信)

 群馬県伊勢崎市で男性が車にひかれ死亡する事故があり、県警に逮捕された運転代行会社従業員の男が、高崎市の職員だったことが5日、捜査関係者への取材で分かった。
 県警伊勢崎署によると、男は高崎市片岡町、同市倉渕支所職員富沢伸行容疑者(33)。同署は3日、自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕。4日に致死容疑に切り替え、前橋地検に送検した。
 富沢容疑者は3日午前0時40分ごろ、代行運転会社の事務所に乗用車で戻る途中、徒歩で県道を横断中だった会社員岡田好正さん(28)をはね、死亡させた疑い。
 富沢容疑者は逮捕時、職業について代行運転手と名乗っていた。同署に5日、富沢容疑者の上司から連絡があり、市職員と分かったという。同署は3日、職業を「会社員」と発表していた。
 高崎市職員課は「公務員としてあってはならない事故。被害者、ご家族をはじめ、市民の皆さまに心からおわびをしたい。今後、二度とこのようなことがないように努めたい」と話している。 

【関連ニュース】
初詣での観光バスが事故、33人けが=中央分離帯に衝突
酒酔い運転、3台に衝突=女性けが、米兵を逮捕
「髪をつかんだ」と認める=メッセンジャー黒田容疑者
黒田容疑者ら送検=「灰皿も投げた」と店関係者
メッセンジャー黒田容疑者ら逮捕=飲食店店長殴った疑い

マイカレンダー
ダンスダンスダンス
クレジットカード現金化
即日現金化
出会いランキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。