So-net無料ブログ作成

口蹄疫 重野氏「初動の遅れ、農水相に責任」(産経新聞)

 社民党の重野安正幹事長は20日の記者会見で、宮崎県での家畜伝染病・口蹄(こうてい)疫の拡大をめぐる赤松広隆農林水産相の対応について「(被害が)なぜ大規模になったのかが問題。初動対応の遅れはあったのだろう。政府の責任は当然ある」と述べた上で、「所管大臣の初動に不十分さがあったのなら責任は取らねばならない」と述べ、赤松氏の責任問題は不可避との見解を示した。

 また同党幹部は同日、赤松氏が外遊中に農水相の臨時代理を務めた同党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相についても「『第一に赤松、第二に福島』の責任になっても仕方ない」と語った。

【関連記事】
口蹄疫 「赤松農水相らの対応は見苦しい」 自民・石破氏
口蹄疫 埋める場所、“司令塔”不足 殺処分まだ半数
口蹄疫問題「責任問題より迅速措置が大事」 鳩山首相
口蹄疫拡大 赤松農水相「初動の遅れない」
口蹄疫対策、今ごろ本腰…危機感欠如の政府に批判
中国が優等生路線に?

韓国哨戒艦沈没 官房長官「極めて遺憾」 北朝鮮関与で(毎日新聞)
両陛下、ハンセン病施設ご訪問(産経新聞)
殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場(時事通信)
<裁判員制度>会見へ協力求める 新聞協会が文書公表(毎日新聞)
<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)

小沢氏、再聴取 政治とカネ幕引き狙う(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏と元秘書3人は東京地検特捜部の再聴取要請に早々と応じることを決めた。15日の小沢氏に続き、元秘書らも順次聴取を受ける。早期応諾の背景には、「起訴相当」と議決した検察審査会に、自らの「潔白」を元秘書らと積極的にアピールしたいとの思惑も見える。小沢氏と元秘書との「共謀が成立する」と判断した議決に対し、小沢氏らは改めて自らの主張を述べられる機会ととらえているようだ。

                   ◇

 ■要請4日目、早々と実現 検審に潔白アピール

 小沢氏は過去2回聴取を受けているが、今回の対応は早かった。特捜部から小沢氏の弁護人に再聴取の要請があったのは12日。翌13日、小沢氏は広島市で「国民にしっかり話をすることによって理解と支持を獲得することができる」と衆院政治倫理審査会に出席する意向を示すと、14日には弁護人を通じ聴取に応じる回答をしていた。

 「起訴相当」の議決をした検審は「小沢氏の供述は不合理で信用できない」と断じた。小沢氏は速やかに特捜部の聴取に応じたうえで、改めて自らの「潔白」を強調し、検審にアピールしたい思惑があったとみられる。実際、聴取後のコメントで「検審の結論を受け、より分かり易(やす)く、丁寧に話させていただこうとの思い」と説明した。

 また、18日から中国・山陰地方に遊説する予定が入っていた小沢氏側の事情が、「日程調整ができた最も早い日に行いたい」(検察幹部)という検察側の意向と一致したことも、要請からわずか4日目の聴取につながったようだ。

                  □ □

 「なんであれが直接証拠になるのか」

 検審は小沢氏の共謀を認定できる「直接証拠」として、衆院議員の石川知裕被告らの「政治資金収支報告書を提出する前に、小沢氏に報告、相談した」との供述を挙げた。これに対し、石川被告は周囲にこう疑問を示したという。

 再聴取ではこの疑問と同様に、小沢氏に有利な供述をする可能性がある。

 一方、石川被告は4月、産経新聞の取材に「水谷建設と会ったことなんかないって言っているだろう」と語気を強めた。

 関係者によると、水谷建設元幹部らは特捜部に、国発注の胆沢(いさわ)ダム工事受注の謝礼として石川被告に5千万円を渡したと供述。特捜部はこの裏献金が問題の土地代金の原資の一部になったとみて、水谷元幹部らの聴取を続けていたため、石川被告は神経をとがらせていたという。

 石川被告は「再聴取に応じれば『十分に説明してきた』と地元で報告できる」と考えているようだ。再聴取で触れられない部分は上申書で追加説明することも検討しているという。

 元私設秘書の池田光智被告も週明けに聴取に応じる。

 元公設第1秘書の大久保隆規被告は、弁護側と検察側の間で確執が生じ、調整が遅れ気味だったが、18日にも聴取に応じる意向。確執の原因は、検察側が昨年3月の西松建設事件の起訴内容に今回の事件を加えた訴因変更請求。弁護側は「長い時間をかけ、公判前整理手続きを終えたのに、検察は後出しで付け加えた」と反発。弁護側が異議申し立てをしたため公判が中断している。

乳児虐待の男を再逮捕=妻にも暴行、傷害容疑−福岡県警(時事通信)
30日に子宮頸がん市民公開講座(医療介護CBニュース)
日本側、最終移設案を提示…日米実務者協議(読売新聞)
袋詰め遺体、重りはいかり=女性の身元確認急ぐ−神奈川県警(時事通信)
<日本創新党>中田・前横浜市長ら比例に擁立…参院選(毎日新聞)

<訃報>竹宮帝次さん86歳=元米海軍横須賀基地民事部長(毎日新聞)

 竹宮帝次さん86歳(たけみや・ていじ=元米海軍横須賀基地民事部長)4月30日、脳梗塞(こうそく)による合併症のため死去。葬儀は済ませた。喪主は長男仁美(ひとみ)さん。

 終戦時、日本海軍少尉として降伏文書調印の場となった戦艦ミズーリ号の東京湾進駐の交渉で通訳を務め、米艦隊を無事誘導。戦後は能力を評価した米軍に引き抜かれ、日米の橋渡し役を務めた。

山陽道でトラックと乗用車多重衝突、3人死亡(読売新聞)
<国内最高齢>沖縄の114歳女性死亡(毎日新聞)
東京芸大で出会った祐二と幸 挙式の日に関西へ(産経新聞)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
諫早干拓 長崎知事、開門調査は慎重に 農相に申し入れ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。